2006年06月16日

「海を飛ぶ夢」

発売日: 2005/10/05
製作年: 2004年
製作国: スペイン/フランス
収録時間: 125分
出演者: ハビエル・バルデム ベレン・ルエダ マベル・リベラ ロラ・ドゥエニャス
監督: アレハンドロ・アメナバール
製作: アレハンドロ・アメナーバル
脚本: アレハンドロ・アメナーバル
詳細: 音楽・編集:アレハンドロ・アメナーバル

よかったわ〜〜〜 ほんまに。
泣いたわ〜〜 はぁ〜、いいわぁ。。これ、まじで。
買おうっと。
posted by シミィ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが

2006年05月27日

SIDEWAYS

ぱっとしない天気がいややなぁ。
前回の回もそんな書き始めやったような。しかし、このブログ前の作りが「おばはんくさい」との指摘があったので、めちゃさわやかハワイアンにしようと思い、画像とかとせっせとアップしてCSSの設定をしてたのだけども、なんでやでけへん!KDDIのサポートセンターに問い合わせて、何度もやりとりしたのに、結局「なんもわかれへんのやん、原因」という結果。管理してるんやったら、ちゃんとそのくらいわかってくれよ!教えてくれよ!なので、こんな中途半端なみてくれなのです。写真が載っけられへんの。
どなかたわかる方、スタイルシートの書き方、というか、アップした写真をブログに反映する方法を教えてください。
シミがやってる方法はまず「間違いない」と思う。KDDIの人もいってた。しかし何でかでけへん。「原因不明」やそうで・・続きを読む
posted by シミィ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが

2005年06月21日

「買い」の一本!!

ハワイから帰国後、ず〜〜っとお世話になっていたビデオ屋がなくなってしまった。約2週間程前に返却に行ったら、返却口しか営業していない。。。その辺の張り紙に「長らくご利用ありがとうございました。。。うんぬんかんぬん。。」っとあった。
「おいおい、告知なしかよ〜」っとかなりショックなシミであった。

今はなきワールドビデオを偲びつつ、今日は新たなビデオ屋を探しに仕事場からちょっと自転車を走らせた。川端をちょっと上がったところにあるビデオ屋を目指した。

なんと、あるではないか!いろいろ。シミの家はDVDしか見られないので、DVDを多く扱うところは大歓迎!!涙が出た。うれしぃ。。

そこで見つけたるは、Starsky & Hutch。
お〜これはなんとも幸運。全米公開当時からオフィシャルサイトでピンボールを夜な夜なやったり、ピンプネームをつくったり、デスクトップにはハギ−ベアの写真をはっとったなぁ。。。っと、日本での発売を待ちにまった。。。事も忘れてた頃に。

感想
「買い」です!もー超最高!おもろすぎ!一人で見ながらゲラゲラわらいました。ゴージャスなキャストといい、音楽といい、ファッションといい。。。素晴しい!
ベン・スティラーとオーウェイン・ウィルソン コンビ再び花○。ズーランダーもかなりいけてたけども、全てが100点満点!
オーウェイン・ウィルソンのセクシーさに参って、ベンスティーラーの真剣なアホぶりにも感服です。毎日みても見飽きないでしょう。
スヌープドッグもまたいい味を出していて言う事なし。終いにはオリジナルのコンビまで。。。きゃ〜〜っ、なんと豪華すぎ!

そんなこんなで、ハッピー満天な今晩です。興奮しすぎてねれないかも?早速購入を考えよう。。。ってか毎晩見そうな気がするなぁ。。

。。。どうです?ハルちゃん的ご意見は??
posted by シミィ at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | えいが

2005年05月25日

Secondhand Lions

久々に映画の話題。

今週頭、ほぼ見尽くしたDVDばかりのレンタル屋へ。
新作もぱっとせず、見たいものはいつもレンタル中。
っが、そんな時目にとまったのが「ウォルター少年の夏の休日」

これまた豪華キャストのジャケに誘われ早速レンタルレンタル。
マイケル・ケイン、ロバート・デュヴァルという泣けるコンビにそそられました。ハーレイ・ジョエル・オスメントも出ているのですが、彼はおっきくなってます。シミも31になったんだから仕方がありません。。。

まぁ、一言でいうと、夢のような話しだけども、現実味があってしみじみ、じんわり来る話しです。
内容をだらだらかいてもしょうがないので書きませんが。。
「絶大な感動!」ではなくジワジワです。

マイケル・ケイン、ロバート・デュヴァルの生き生きとした生っぽいのがいいです。是非お勧めの一本です。
「こんな大人になりたい!」とか、「こういう風に感じて生きたい」とかいう言葉にならない心の理想を「現実」実を感じる描き方がされていると思いました。

なんとも抽象的な表現しかできませんが、映画評論家ではないので、一オーディエンスの戯言と思って、ま、参考になさって頂ければ幸いです。 。。。が、お勧め!
posted by シミィ at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | えいが

2005年01月20日

21 grams

っという映画(DVDで)をみました。昨日と今日と2回。

ほんま、久々に心にじわじわくる映画でした。申し分なし。絶品。しかも、超豪華キャスティング。ミスティックリバーがなぜオスカーをとれたのかちと??なシミですが、こっちのショーンペンは好きです。彼の若い頃をちょっと彷彿させる場面もあり、満足満足。

エンディングのデイブマシューズもかなり良い味です。この映画で使われるとは。。。なんとおつな。。ファンのわたしとしては、これまた満足満足。

「今年見たDVD TOP10 」の上位に食い込む事間違いなし!でしょう。。。ってまだ今年始まったばかりなのに。
posted by シミィ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが

2004年12月14日

エルサレムへ

芝刈り機で300キロ、エルサレムまで。。。

「ストレートストーリー」を彷彿とさせる。。。っというよりもヒントを得た?。。ニュースをみつけました。

このイスラエルの方は年老いた兄ちゃんにあうためでも、巡礼の旅でもないらしい。運転中に携帯電話で話をしていたことで、21ヶ月の免停になったらしい。そこで、免停取り消しを求めにエルサレムにある運輸省への旅だそう。

日本以外でも、違法なのですな。運転中の電話。私は車を持たぬ身。お持ちの方、お気をつけあそばせ。
。。。日本でもこんなニュース出てきてもおかしくない??

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081102959427.html
posted by シミィ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが

2004年11月26日

おーるまいてぃ??

今日のDVD鑑賞会は「ブルース オールマイティ」。

これは、どっかに行く時の飛行機の中で見たことあったけども、め〜っちゃほっこり、じ〜〜ん、アンド 笑いたかった今晩だったので、本日借りて帰りました。

日頃「なんでも願いがかなえばいい」とか「神様にでもなれれば」とか「魔法がつかえれば」な〜んて甘えた考えばっかりしてるシミです。。っがやっぱり自分が何かを起こさねばっと、お尻を叩かれる(いい具合に)物語です。説教くさくなく、それでいて、涙ほろり。んっでかなり笑ける :)。

ある意味、オールマイティってな人いてるんやろか??って思ってしまうけど。っが、それをやってのけるのもやっぱり”人”なんやな、っと。
がんばろっと。
posted by シミィ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが

2004年11月13日

本日はちょっとだけ。。。

普段ではとっくの昔に就寝時間のシミです。
。。っが、Macちゃんの前に座っております。

長年の友より、この日記を毎日楽しみにしていると「暑い」。。もとい。。熱いラブコールがわたしの指をキーボードの上に乗らせています。

本日は何を書くっというお題もないままですが。。
そんな日もあっていいかと。
今日は昨晩(もう日付はかわっていますので)より、映画をみてました。家にはテレビというものがありません。それなしの生活は早一年以上も経過。今はこのMacちゃんの力をかりて、DVD鑑賞が夜のイベントになっております。

昨晩からは「華氏911」を見ました。6月にハワイに行った時に、公開初日に現地の友達と計5人でいきました、映画館。
夕方からのシートは全て満席と言う状態。っが、わたしの友達はなぜか平日というのに日中もお時間があり、昼過ぎから鑑賞のだんどり。座席を取りにいってくれたカップルのおかげでど真ん中の良い席で上映開始。
内容は書きません。是非見て下さい。
終わった後は、スタンディングオベーションでした!!と〜〜ってもすばらしい経験をしました。よい映画を見て、それをちゃんと自らの表現で評価する!すばらしい!!

わたしとマイケルムーア氏の出会いは、数年程前にさかのぼります。本が出会いだったのですが、当時熱狂的なグロテスク、ドキュメンタリー フリークの絶頂にいたわたしは、彼に出会って本当にすばらしい感動を得ました。
その後、ボーリングフォーコロンバインが公開になり、いっきに日本でも有名になりましたよね。

人それぞれに世界観や、政治観、生活感と言うものはあるものです。刺激のない、平穏な生活(今のわたしのような)もとっても幸せでいいものです。それを持つ事は本当に人間にとって大切な事だとも思います。しかし、それと同時にいろんな人々の考えかた、はたや、世界を動かす人の力の使い方、その人たちの観念等々をかいま見る。。否、少しでも知ることが、「地球」に生きる人間にとっては、大切な事だと思うのです。確かに、わたしたちに入ってくる「情報」とは、偏ったものであるかもしれません。凡人には判断のつきようもないものだったりするかもしれません。っが、いろいろな情報を合わせて、そこから自分なりのジャッジをする材料として保存はできます。

私自身、今は新聞もテレビもない生活で、リアルタイムの情報はラジオのみの身ですし、もともとアナログ人間なので、ネットでいちいちいろんな情報を調べ倒すことは、今はしていません。(一昔前はアホほどそんな事ばっかりしてた時もありましたが)
しかし、やはり情報から「使われる」よりも、上手く「使って」やってなんぼ、なんぢやないでしょうか?良い世界を作る為にも。
限りはあるかもしれませんが、ちょっと外の世界を見るだけでも自分の中に新しい風を入れる事はできると思います。

って、ちょっとのつもりが、語ってしもた。。。
posted by シミィ at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | えいが