2015年09月26日

統合ボディトリートメント講座のご案内【ゴール】

統合ボティトリートメント講座について、詳しくお伝えしております、第二弾。

今日は、「スウェディッシュセラピューティックマッサージベース統合ボティトリートメント講座」が目指すゴール、目標をお伝えしたいと思います。



講座の概要をお伝えしている 最初の記事はこちら↓
2015年09月25日 「統合ボディトリートメント講座のご案内1【概要】」



ご⾃身が

ストレスがたまり、疲れ果て、心が痛い、⾝体が痛い、癒されたい!
活力がほしい!
トラウマから解放されたい!本来の⾃分を取り戻したい!
イキイキしたい!



そんな時に助けてほしいと思うのは、どんなセラピストでしょうか?

・・・⽬指すゴールは "そんな"セラピスト です。


IMG_4605.jpg

【統合ボディトリートメント講座の ⽬標・ゴール】

スウェディッシュセラピューティックマッサージを基礎としたフルボディのオイルマッサージを行えるようになる。

トリートメントに必要な解剖学・生理学・筋肉の働きなどの基礎知識を身につけ、手技がクライアントに与える影響を考慮し施術を⾏う事ができる。

クライアントの⼼身のコンディションがどのようなところから来ているか、どのように影響しているかなどの施術に必要な情報を集めることができる。

クライアントの心身のコンディションを把握するための査定/カウンセリングを通し、適切な手技を用いてマッサージを⾏う。(マッサージをする・しないの判断も含め)

精神的トラウマやそれによる状態、身体的トラウマなど、精神=⾝体とが相互に影響をし合うことを理解し、クライアントへ接し、適切な施術を行う。

宇宙・地球とのコネクト=グラウンディングをしっかり行い、クライアント・セラピスト双方が与えあうエナジーレベルの感覚を身につけ、リリースor ホールド することができる。

セラピストとしての意識・心構え・姿勢・生活 などの⼟台をしっかりと築きあげ、プロとしての⾃立したセラピストとなる。

セラピスト⾃身のケア(運動、⾷事、休憩、自らトリートメントを受ける、瞑想・・etc )ができ、常にクライアントと接するにベストなコンディションを整えることができる。

知識としての能力を増やすだけでなく「⾝体・心・精神」全てが融合・統合した経験的なものとして、体験→融合・統合(落とし込み)→さらなる新しい体験  を通して一人の人間として成長することを楽しむ!

セラピストとして⾃信を持ち、社会・クライアント・関わる方々と よりよい関係を築く




ご自身が思い描く「セラピスト」のイメージが、この講座で目指すイメージと重なりますでしょうか?

ご質問・ご相談はお気軽にご連絡ください☆



《 よく頂く質問 》

Q: 筋肉については勉強したけど、実は実際に人の体となると、どこがその筋肉なの解らず
  正確に触れられていないようで不安です。

A: 手技の実践で 一つ一つ組織を触り、一つ一つ確認しながら学んでいきましょう。


 すでに身体を触るセラピストの勉強をされ、そのような密かな悩みを抱えている方々から同じような質問をいただきます。本講座で学ぶトリートメントは、身体の部位ごとにターゲットを絞り、どの筋肉組織をどの手技を使ってリリースするか・・・というふうに学んでいきます。ですので、自ずとターゲットとなる筋肉の付着部(どの骨に結合しているのか)や働きを理解する必要がでてきますし、その上で実際に触診することで確かめる・・というステップで手の感覚として実感しながら覚えていきます。
勉強しあうボディ(マッサージモデル)さんからのフィードバックでお互いに確認しながら感覚を養っていきましょう。
IMG_3688-2.jpg


詳しく知りたい方、ご興味のある方、
講座内容・カリキュラム・参加にあたって必要な準備 etc.. 詳しい資料も用意いたしております。
お気軽にお問合せください。様々なご相談も随時受け付けております。

メール: walea@xinrock.com
 Tel : 090-1145-4142


詳細はこちらからもご覧頂けます。
スウェディッシュ統合ボディトリートメント講座
http://www.xinrock.com/workshop/massageWS.html


*これまでの講座についての記事はこちらから
【統合ボディートリートメント講座】




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164407277

この記事へのトラックバック